<< アンダルシア | main | プリズム >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    地のはてから(上・下)

    0
      明治の時代。
      北海道開拓のすすめが政府から発表された。
      生活に困っている者たち、生き場所のないものたち、夢を抱く者たちが
      故郷を捨て、やってきた。

      実際には電気も水道もなく、長い冬が続く厳しい土地。
      二歳の頃両親と兄と共にその地に来たとわ。

      まもなく日本は戦争に突入していく。

      ひたすら我慢、働き通しだと感じた。
      時代、土地のせいもあると思うけど報われない一生だな、と感じてしまった

      アイヌの三吉と出会い、恋をする。
      室内でも凍る冬に家族が身を寄せ合い過ごす。
      奉公先で「貧乏」を知る。
      自分の将来も、結婚相手すらも選べない。
      学校もまともにいけず、義理の兄弟、父にも辛く当たられる。

      それでもひたむきに生きるとわ。
      文句を言わず子供を育て続ける彼女。
      忙しいからと言って感情がなくなるわけじゃない。
      強くて優しいとわはとても立派だと思った。
      それでも、そんな人だからこそ幸せになってもらいたかったなあ。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 14:39
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座