<< レディ・マドンナ | main | ふたりの距離の概算 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    花嫁

    0
      評価:
      青山 七恵
      幻冬舎
      ¥ 1,470
      (2012-02-10)

      これはおもしろい!
      最近青山さんの本は私的には不発が多いなあと思っていたけれど、これは大ヒット。

      仲の良い四人家族。
      和菓子店を営む両親。
      大福が大ヒットし、繁盛店として周囲にも知られている。
      もうすぐ結婚する兄、
      それに対して快く思っていない妹。

      彼ら一人一人の視点から描かれる物語。

      それぞれが抱える秘密。
      兄に対してではなく、違ったやり方で愛する麻紀。
      両親がつくった甘くてやわらかい家に持ち込まれる花嫁という異物に、
      行ってしまう兄に反発する。

      富子との結婚を決めた和俊。いとこの富子のことを彼女が家に来るまで隠していた。
      幼い頃彼女一家が来た時間は苦痛でしかなかった、それなのに、彼は彼女を選んだ。

      長く宏治郎の店で働いている弓子。彼女と一年で一度の逢瀬。
      彼が生きてきた道、気づいた家族。
      それらがはかない土台に立っていることを子供たちは知らない。

      裕福な家に生まれ育ったさおり。彼女は花嫁を待っていた。
      そのときが全てを終わらせるとき。
      花嫁に宛てた手紙に託した全ての秘密。

      ぞっとするというのではなく、ふわっとする。
      立っていた大地が雲だったような感覚。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 23:04
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座