<< 漁港の肉子ちゃん | main | アミダサマ >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ストーリー・セラー

    0
      「ストーリー・セラー」というアンソロジーで書かれたSide:A、
      そこからインスパイアでうまれたSide:Bらしい。
      Side:Aは作家である妻が病により死へ向かう話。
      Side:Bは作家である妻の夫が病により死へ向かう話。

      有川さんらしいラブロマンス。
      こういうの、現実にはほとんどないけれど、嫌いではない。
      ただ、男の考えはこんなふうではないんじゃないか、といつも思う。


      Side:A
      読書家の彼が同じ職場の彼女の作品を偶然読み、
      そこから彼女の作家としての人生が始まった。
      そんな彼女が患った病は「思考に脳を使うほど脳が劣化する」病。
      自分の書いた作品を笑い物にされ、それから人に見せることはなくなった。
      その作品から彼女自身を好きになり、一番の読者であることを願った彼。
      有名になった途端に周囲に湧き出る悪意をもった人間。
      最終的に彼女にもたらされた悪夢のような病。
      それでも、彼も彼女も幸せだった。

      Side:B
      同じ会社で働くどこか壁がある彼。
      そんな彼の隙間を作ったのは彼女が書いた作品だった。
      専業になり、献身的に彼女をサポートする彼。
      事故をきっかけに発覚した彼の病。

      どこまでが本当?と思わせるうまい構成。
      くどいけど、おもしろいんだよなあ。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 23:22
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座