<< 空へ向かう花 | main | ダナエ >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    繋がれた明日

    0
      評価:
      真保 裕一
      朝日新聞社
      ¥ 1,785
      (2003-05-17)

      真保さんは、状況を噛み砕いて物語りにするのが本当に上手だと思う。
      その場所、どういう境遇にいる人か、どういう人と関わりを持っているかを
      上手に絡めあげている。
      そこで起こるであろう葛藤、出来事を描写して読者を引き込ませて
      さらにミステリー調のものを加えて
      一丁美味しい物語のできあがり、ってな。

      なんだかそういう感じの本でした。これも。(ほめ言葉)

      主人公の中道隆太は喧嘩の延長で持っていたナイフで人を殺してしまう。
      判決は五年から七年。
      仮釈放された隆太の前には「殺人者」への冷たい目、
      家族とのギクシャクした関係
      自分の存在によって危ぶまれる周りの親切な人たちの立場に
      否応なしに直面する。
      ああ、きっとこうなんだろうなぁ、って思う。
      殺してしまったのは、不意をつかれて相手に襲われた時に
      護身用として持っていたナイフの刺しどころが悪かったから。
      正当防衛を主張しようにも、目撃者が殺した相手の友人だったこともあり、
      「隆太が襲った」と言う供述をされてしまう。
      もちろん殺した相手の家族には恨まれる。
      もともと疎遠だった妹には忌み嫌われ、
      母親には腫れ物を扱うみたいにされる。
      怪文書が出回り、職場にも殺人罪を償ったと知れ渡る。
      もちろんどことなく距離を置かれる。

      自分自身、他人をあまり偏見の眼で見ないようにしようと
      心がけてはいるものの、
      好き好んで殺人罪を負った人とは仲良くしないと思う。
      誰もが同じように自分の身が一番大切だし。

      犯罪者にどういうひとが多いのかはわからないが、
      少なくともここで描かれているのは、ステレオタイプの悪人じゃない。
      ごく普通の誠意ある人間。
      だからこそ、余計に同情してしまう。
      すこしかっとなりやすかったりはするが、
      そんな人、周囲に必ず一人はいるよね。
      すこし前に読んだ「いつか陽のあたる場所で」と内容も心理描写も共通するところがあって、
      乃南さんのほうであった、「その一線を超えてしまったということが大きく違う」
      と言うのがとても印象に残っている。
      でも、本当にいつ自分が踏み外すかなんてわからない。
      空恐ろしくなるよね。

      罪を犯した人は同じことを繰り返す傾向があると言うけれど、
      そういう目で見た先に別の真実があることもある。
      見極めるのは本当に難しい。つーか、無理だよね。
      無罪の隆太を知っている読者側は一緒に苛立って読むと思う。

      でも、誠意ある人には誠意ある人の手が伸びてくれると思う。隆太のように。

      がんばらねばね。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 08:55
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座