<< ばんば憑き | main | 神変―役小角絵巻 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    花のようする

    0
      本屋で見かけて少し気になったので読んでみた。
      とても読みやすく、じわりと元気がでるような作品だった。
      展開や構成はもう少しキリッとなるといいかもと感じたが、
      全体に漂う雰囲気や登場人物がしっかりしていて感情移入しやすかった。
      ぜひほかの作品も読んでみたい。

      芸能界に身をおく「瀧沢マユ」こと野滝繭美。
      彼女が所属する事務所が借り上げているマンションに一緒に住む恋人の桜田眷作。
      「家を買おう。」という野滝の言葉、
      そして見つけた古い一軒家。

      「ベテラン女優」と呼ばれる野滝。
      誘われて出向いた「セレブ」が集まるパーティーで桜田と出会った。
      何かの運命のように桜田は野滝にエメラルドのピアスを渡す。
      勉強が苦にならず、情報の中で生き、ありあまる富を手に入れた桜田。

      仕事しかできないという桜田。
      排他的なところはあるが、野滝にはとても優しい。
      そしてある決定的な事が起こる。

      それからの彼らのやりとりはとてもあたたかい。
      一方的に守るとか、変に同情するとかではなく、
      あるべき場所に戻れるようにと見守り、その過程で家を手に入れようとする。

      仕事は人を救ってはくれないな。
      救うのはやっぱり人間だ。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 23:14
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座