<< 人質の朗読会 | main | 傷痕 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    マリッジ・インポッシブル

    0
      花のようする」がなかなか面白かったので、また藤谷さんの本を読んでみた。

      この本は、軽い!軽やかで、笑いに富んでいて、ポップ。
      文体も全く違う。すべて口語。

      結婚を目指し、でも仕事も大切。
      出会って、失敗して、またトライして、そんななか周りでも色々あって。
      嫌なことも含めて楽しく、明るく共感できるような本だった。

      「引田輝子」(ひきたてるこ)二十九歳、独身。
      TV番組のディレクターをしている。
      過労死するほど仕事をしていたAD時代に比べれば時間は少しは自由になったものの、
      それでも労働時間はめちゃくちゃ。
      彼女が担当している「日々のグルメ」という番組に出演している女優の河出綾さん。
      彼女のインタビュー記事を読んで、怒りではないのだけど、爆発し、咆哮した。

      出会いを求めて合コンや、結婚相談所にまで足を伸ばす輝子。
      それでも「いい出会い」はなかなか訪れず、
      あるのはオチのついた話ばかり。

      高望みしているわけでもないけど、彼女自身を認めて欲しい。
      出会いもまだの結婚したいと思っている人たち皆が思っていることだと思う。
      お見合いや相談所で結婚を決めるのって怖くはないのだろうか。
      お互いの要求ばかりが交差して、
      いざ生活が始まった時に我慢出来るのだろうか。
      最初から諦めているのかな?

      話はコメディなのだけど、とてもリアルだと思う。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 12:58
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座