<< 最果てアーケード | main | 気分上々 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    決起! コロヨシ!!2

    0
      評価:
      三崎 亜記
      角川書店(角川グループパブリッシング)
      ¥ 1,785
      (2012-01-31)

      コロヨシ!!の続き。

      うーーーん、正直残念だった。
      「コロヨシ!!」は本当に面白くて、第二弾楽しみにしていたんだけど、
      まさか二冊目で完結?させてしまうとは想定外。
      世界が一気に広がりすぎて、展開も速すぎて、ついていけない感じがした。

      進級し、掃除部の主将となった藤代樹。
      全国大会に出場した樹は三位にくい込む大健闘を果たし、
      全国的に彼は有名になる。
      同じく全国大会に出場した高倉偲はそのまま姿を消し、
      直轄校に転校し、その大会で優勝した大介とも距離が離れ、
      さらには寺西顧問も樹の前からいなくなった。
      代わりに掃除部を目の敵にしてきた牧田先生が顧問につくことになった。

      騒動から逃れるため、梨奈の家に居候することになった樹。
      裁定士であると判明した父とは大会以来顔を合わせていない。
      掃除が新国技となる可能性が浮上し、
      掃除部への圧力は驚くほど低下した。そんな中入ってきた新入部員たち悠馬、ニノ、鳴海。

      彼らそれぞれとの特訓。
      その結果得られた動きのブレ軽減、反射神経の向上、感覚の鋭敏さ。

      梨奈は不思議な運命に導かれ、自分が自分でないままにさまよっていく。
      居留地に渡り、その地での対戦型掃除を経験する。
      その地に同じく渡っていた偲と再会する。

      「対」の体得。
      偲と西域に渡り、対の奥義を探しに行く。

      一定の時間を経て現れる対の体現者。
      それが二組現れた異例の事態。
      対の奥義を舞うことにより可能になる記憶の操作。
      そしてそれを真逆にする「決起」。

      一番身近にいた人間、樹を掃除の世界に行かせまいとしていた彼らの経てきた時代、経験。

      映像化されたら面白いだろうなーと思う。
      ただ、なるべくじっくりとやってほしい。詰め込むと何が何だかわからなくなりそう。



      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 22:48
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座