<< パスタマシーンの幽霊 | main | 贖罪の奏鳴曲 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    謎解きはディナーのあとで

    0
      映画化されると知らず、タイムリーに読んでしまった。

      前からちょこちょこ話題に上がっていたのでなんとなくストーリーは知った気になっていたけれど、
      おおよそ想像から外れなかった。
      良くも悪くも。悪い方に外れないのは面白い証拠。
      映画化にはとても向いていると思う。

      一つ一つの話は完結していて、読みやすいミステリ。
      意外さはそんなにないけれど、宝生麗子、影山、風祭警部のやりとりは面白い。
      中堅自動車メーカー『風祭モータース』の御曹司でありながら国立署に所属する警察官、風祭警部。
      彼を若干苦手に思いながらも彼の下で働く宝生麗子。
      風祭警部の貴族自慢を聞かされている彼女は『宝生グループ』総帥のひとり娘であり、
      完全な「お嬢様」である。
      麗子の執事として働く影山。
      謹厳実直な雰囲気の男だが、彼の推理力は並外れており、
      麗子が語る事件の真実を簡単にあばいてしまう。
      その際、お約束の暴言を吐く。

      話が進むにつれて影山の暴言っぷりが増していくが、
      彼の推理を必要とされているのを彼もわかって吐いているのだろうな、と面白く読んだ。

      浮気症の男が殺される、「二股にはお気をつけください」が一番おもしろかったかな。
      全部に共通するのは、会話の流れが印象に残りすぎて、
      肝心の事件に関してはほとんど記憶に残らない。

      やりとりを楽しむ物語だろうからそれでいいのだろうけど。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 22:29
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座