<< 太陽は動かない | main | 静おばあちゃんにおまかせ >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ノエル

    0
      最近の道尾さんの作品は両極端というか、
      とことん暗いか、明るいかのどちらかという気がする。
      この作品は明るい方。
      ところどころに暗闇は見えるのだけど、最終的に明るくなるのだろうなという予感を強く感じる。

      物語を軸にした物語。

      軸になる物語が正直おもしろくない・・・。

      童話作家になった圭介。
      彼のつむぐ物語が人をつなぎ、また彼のもとにその糸が帰ってくる。

      「暗がりの子供」は面白かった。
      足が少し不自由な女の子、莉子。
      大好きな祖母。もうすぐ産まれてくる妹。
      物語を読んでから、彼女の中からもう一つの声が聞こえる。
      悪意と呼んでいいと思うそれに少しずつ振り回されていく彼女。



      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 00:35
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座