<< キス | main | 温室デイズ >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    狂い咲き正宗 刀剣商ちょうじ屋光三郎

    0
      時は江戸時代末期。
      将軍家御腰物奉行を務める旗本、黒沢家。
      その嫡男であった光三郎は父勝義に勘当され、
      以前から好んでいた刀屋ちょうじ屋の娘ゆき江の婿となる。
      ひたすら刀バカだが、目利きは確かで、
      ゆき江の父吉兵衛とともに店をきりもりする。

      山本さんは刀、すきなんですねー。おそらく相当。
      自分でも何振かもっていそう。
      以前読んだ、「いっしん虎徹」のおかげで
      刀の作り方や、そのほれ込み方、各刀匠による個性の違いなどを知ることができたので
      わりとスムーズに読めた。
      この作品を読む前に「いっしん虎徹」を読んだ方がいいかも。

      「いっしん虎徹」はおそらく事実に忠実に基づいているのだろうけれど、
      こちらは背景はともかく、おそらく大部分はフィクションなのだと思う。
      おかげで作り物らしい楽しさに満ちている。
      とても面白い本だった。

      嫉妬深いが気のいいゆき江とのやり取り。
      刀が既に本来の役割から遠く離れ、偽刀が多く出回る中で
      恐ろしく審美眼をもった鑑定眼をもった光三郎の立ち回り。
      かなり、爽快でした。

      これ、シリーズ化しそうだけど、是非して欲しいなぁ。



      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 10:56
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座