<< Re-born はじまりの一歩 | main | ズームーデイズ >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    悪人

    0
      評価:
      吉田 修一
      朝日新聞社
      ¥ 1,890
      (2007-04-06)

      よくも悪くも、吉田修一さんらしくない本。

      そもそもミステリー調というのがイメージにない。
      でもこれは、完全にミステリーだね。

      保険会社の営業をしている若い女が絞殺死体で見つかる。
      仲のよかった同僚も、両親も、
      彼女が誰と会っていたのかわからない。
      彼氏だと思われていた(思っていなかった人もいる。ついでに、彼氏ではない)
      男は逃亡し、見つからない。
      九州弁、なんだかいいなぁ。
      なんか、かわいい。
      北海道弁もかわいいと思う。
      普段耳慣れないから余計そう思うのかもね。

      タイトルが「悪人」なのだけど、
      うーん・・・もっといいタイトルなかったのかなぁ?
      誰が悪人なのかわからなかった。
      「悪役」なら、ともかく。

      不器用で、無口で、でも朴訥としていて
      心根はきっと優しいはずの青年が、犯人。
      出会い系で知り合った被害者の女の子を殺す事件の全貌を追っていく。
      うーん・・・。
      もともと、こういうストーリーを書きたかったのかなぁ?
      それともチャレンジしてみたのかな?
      もともと吉田さんは、小さな人間描写を積み重ねて
      関係や、出来事を作り出すのがすごく上手いと思っていたんだけど
      これは全くそういう感じじゃない。

      ミステリーにありがちな、後日インタビューにて、みたいな口語の文章がでてきたり。
      最初からならともかく、途中から突然現れた!って感じだった。

      多作品に期待。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 11:05
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座