<< カクレカラクリ | main | 記憶の食卓 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ラン

    0
      評価:
      森 絵都
      理論社
      ¥ 1,785
      (2008-06-19)

      相も変わらず図書館通いです。
      この本は児童書コーナーにあったのだけど、
      児童に読ませるだけではもったいない!
      そもそも主人公成人してるし。

      すごく面白い本でした。
      森絵都は大好きなのだけど、なかなかお目にかかれないのと、
      他の本をほとんど全部読みつくしてしまって新刊待ち。せつない。

      主人公環は、親類を全て亡くした。
      両親、弟は事故に遭い、その後一緒に住んでいた叔母も二年前に死んだ。
      バイトを転々としながら移り住んだ町で、自転車を購入し、
      購入した自転車屋さんの店長紺野さんと仲良くなる。
      彼も環と同様親類を早くに亡くしていた。
      共通の友人であった、ねこのこよみの死をきっかけに、彼は故郷に帰っていく。
      環になくした息子のためにしつらえた自転車を置いて。

      説明は割愛するが、その自転車であの世と繋がることができた。
      死んだ家族に会い、そちら側に行きたいと願う環。
      しかし、叔母に叱られる。

      そもそもの自転車の持ち主、紺野さんの息子さんと出会い、
      彼の自転車を返すと約束をする。
      その代わりに彼女は走ることにする。(条件さえクリアすれば走ってあの世に来ることも可能。)

      走っていく過程で、彼女は仲間に出会う。
      年齢も、性別も、境遇もばらばらの人たち。
      そろいもそろってへっぽこランナー。
      お互いがお互いに感化され、いつしかみんなでフルマラソンを走ることを目標に定めていた。

      回復の物語。
      「序」でのいきなりの文章に圧倒された。
      死が回りにはびこり、彼女の中で生と死が逆転していく様。

      口は悪いし、仕事も長く続かない。
      心理的なことも読み取れる読者側としては、
      環のふがいなさにすこしイライラしながら、でもすごく応援した。
      久しぶりに会う家族の様子と、昔の自分の記憶との乖離。
      まだまだ彼女らしさをとどめている叔母。

      みんな悩みながら、ぶつかりながら、でも走って
      楽しく話をしながら、ゆるくビールを飲みながら、でも走って。
      底にかかえた思いはそれぞれで、
      普段はそれを決してあらわにはしない。
      それでも走り続ける限り仲間であり、大切な友達である。

      走ったら、自分も変われるかなぁと安直だけど期待してしまう。
      無性に走りたくなる。変わりたくなる、かな?

      人生に悩んでいる大切な人に贈りたい本だね。元気でそう。

      それにしてもあの世ってなんだ、こんなにふざけてるのか?(笑


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 10:33
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座