スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    千両花嫁

    0
      評価:
      山本 兼一
      文藝春秋
      ¥ 1,700
      (2008-05)

      時は幕末。
      京にかまえた御道具屋、とびきり屋の店主真之介。
      かけおち状態で連れ合った妻のゆず。
      偽ものから本物まで、種類も様々、何でも取り扱う店で、
      二人と手代たちで毎日忙しく働いている。

      ゆずの実家は、本物だけを取り扱い、
      信用も顧客も大きい老舗の道具屋。
      真之介もそこで手代として働いていた。

      短いストーリーがいくつもあって一冊の本になっている。
      少しずつ時代は移り変わり、
      出てくる有名な歴史上の人物たちも少しずつ変わっていく。

      山本さんは、時を重ねるごとに、娯楽としての小説を書くのが上手になっている気がする。
      前はなんと言うか、無骨でまっすぐ!みたいな物が多かったけれど、
      最近のものは、やりとりに笑いが含まれている。
      どっちも好きだけど!
      続きを読む >>


      雷神の筒

      0
        評価:
        山本 兼一
        集英社
        ¥ 1,890
        (2006-11)

        織田信長に仕える鉄砲狂い、橋本一巴の生き方を追う。
        主人公は、一巴ながら、描いているのはその背後にそびえる「信長」という山と
        彼が起こした巨大な時代の渦だと感じた。

        個人的には、「狂い咲き正宗」の方が面白かったなぁ。

        鉄砲の伝来により、戦い方が丸きり変わったというのは、中学時代に歴史で学んだけど、
        それを詳細に読んだのは初めて。
        例えば今の時代にパソコンが大量生産されるようになって
        シリコンの価値が上がったのと同じように、
        その時代には火薬の元となる塩硝と、鉛の価値が暴騰して手に入りにくくなったり、
        何とかしようとそのルートを海外まで広げたりと
        そういうことがあっただろうことは当たり前だけど
        知らなかったので目からうろこが落ちる気分だった。

        一貫してシリアスなのだけど、一巴の人柄がよくて、
        全体的に上手くまとまっていると思った。
        続きを読む >>

        狂い咲き正宗 刀剣商ちょうじ屋光三郎

        0
          時は江戸時代末期。
          将軍家御腰物奉行を務める旗本、黒沢家。
          その嫡男であった光三郎は父勝義に勘当され、
          以前から好んでいた刀屋ちょうじ屋の娘ゆき江の婿となる。
          ひたすら刀バカだが、目利きは確かで、
          ゆき江の父吉兵衛とともに店をきりもりする。

          山本さんは刀、すきなんですねー。おそらく相当。
          自分でも何振かもっていそう。
          続きを読む >>

          弾正の鷹

          0
            評価:
            山本 兼一
            祥伝社
            ¥ 1,575
            (2007-07)

            山本さんの本を読むのは二回目。
            前回と同様、歴史小説。

            織田信長にまつわる(でいいのかな?)話。
            すごく作り方が上手いと思った。
            短編集で、主人公は全て信長の敵方で、信長の命を狙っている。

            おそらく、実在しない人物、フィクションの話なのだと思う。
            でもきっと実際に会った出来事とそう大差ないのだと思う。
            強すぎる信長の命を狙う輩は大勢いて、
            戦を生活のよりどころとする人、
            強い大名に召抱えられる人、
            それらは大きな流れのなかに人生を流されるのだろうと感じた。
            続きを読む >>

            いっしん虎徹

            0
              評価:
              山本 兼一
              文藝春秋
              ¥ 1,995
              (2007-04)

              山本兼一初読了。
              直木賞にノミネートされていたのを見て、気になっていた。

              時代物は昔は敬遠していたのだけど、
              畠中恵さんの本から入ったのが良かった。
              昔の言葉遣いも全くストレスにならなかったし、すいすい読めた。

              「虎徹」でわかるとおり、
              刀鍛冶、長曽根虎徹の物語。
              続きを読む >>


              PR
              calendar
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              3031     
              << August 2020 >>
              selected entries
              categories
              archives
              recent comment
              recent trackback
              links
              profile
              search this site.
              others
              mobile
              qrcode
              powered
              無料ブログ作成サービス JUGEM
              JUGEMのブログカスタマイズ講座